中高生対象「数学甲子園2012」出場チーム募集

 財団法人 日本数学検定協会は、中学生・高校生を対象とした第5回 全国数学選手権大会「数学甲子園2012」の出場チーム募集している。同大会は、全国の中学生・高校生が団体戦で数学の能力を競う大会。

教育・受験 その他
数学甲子園2012
  • 数学甲子園2012
  • 予選サンプル問題
  • 予選サンプル問題
  • 予選サンプル問題
  • 予選サンプル問題
 財団法人日本数学検定協会は、中学生・高校生を対象とした第5回 全国数学選手権大会「数学甲子園2012」の出場チーム募集している。

 同大会は、全国の中学生・高校生が団体戦で数学の能力を競う大会。数学の問題を解く力だけでなく、「問題解決能力」や「チームワーク力」、「創作力」「プレゼンテーション能力」など幅広い能力が問われるもので、昨年は過去最高の43校62チームが参加したという。

 参加資格は中学校・高等学校・中高一貫教育校・高等専門学校(3年生まで)に在学する生徒または学生で、1チーム3〜5人で構成し、20歳以上の引率者が必要となっている。

 予選は8月23日・24日に東京・大阪など6都市で行われ、参加選手全員が個々に20問の問題を60分以内に解答する。出題範囲は数学検定準2級・2級程度の問題から出題。各チームの平均点上位30チームが選抜される。

 本選は9月16日に東京で実施される予定。準々決勝は問題15問を20分以内にチーム全員で解答。出題範囲は数学検定2級2次程度の問題、数学検定準1級1次程度の問題、数学検定2級2次程度の問題を英語訳したものがそれぞれ5問ずつとなっており、上位15チームが選抜される。

 準決勝は3問のうち2問を選択し、40分以内にチーム全員で解答。出題範囲は数学検定準1級2次程度の日本語表現問題2問と同じく2級2次程度の英語表現問題1問。決勝は制限時間内に提示されたテーマに沿った問題を創作し、その問題についてプレゼンテーションを行うという。

 参加申し込みはホームページより申込書をダウンロードして必要事項を記入の上、メールまたは郵送・FAXで申し込む。申込締切は7月20日。なおホームページには、予選で出題される問題のサンプルが公開されている。

◆第5回 全国数学選手権大会 数学甲子園2012
参加資格:原則として中学校、高等学校、中高一貫教育校、高等専門学校(3年生まで)に在学する生徒または学生
※1チーム3~5人のメンバーで同一校もしくは地域の数学愛好者が集まった数学サークル形式で構成
日程と会場:
[予選]
・8月23日(木)午後 東京都内/石川県金沢市/広島県広島市
・8月24日(金)午後 大阪府大阪市/愛知県名古屋市/宮城県仙台市
[本選]9月16日(日)終日 東京都(23区内)
 ※会場は後日ホームページで発表
参加費:無料
申込方法:メール、FAX、郵送
申込締切:7月20日(金)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)