スマホやデジカメ写真を保存し楽しめるHDDレコーダー…パナソニック

 パナソニックは、HDDレコーダー「DIGA(ディーガ)」で新たに容量500GBのフォトレコーダー「DMR-HRT300」を発表した。販売開始は6月25日。価格はオープンで、予想実売価格は55000円前後。

デジタル生活 その他
「DMR-HRT300」
  • 「DMR-HRT300」
  • SNSへの写真のアップロード操作も行なえるリモコン
  • スマートフォンやSNSなどと連携する「フォトレコーダー」の製品情報ページ
 パナソニックは、HDDレコーダー「DIGA(ディーガ)」で新たに容量500GBのフォトレコーダー「DMR-HRT300」を発表した。販売開始は6月25日。価格はオープンで、予想実売価格は55,000円前後。

 同製品は、SDカード経由やUSB接続などにより、スマートフォンやデジカメの撮影写真を取り込み保存できるHDDレコーダー。取り込んだ写真をテレビの大画面で楽しめる。

 LAN端子と802.11a/b/g/nの無線LANを搭載しており、スマートフォンアプリ「DIGA Contents Link」をインストールすることで、スマートフォンに撮り貯めた写真をフォトレコーダーへワイヤレスで自動で取り込むことが可能。パソコンなどのDLNAサーバー対応機器からも写真を取り込むこともできる。

 また、無接点充電規格「Qi(チー)」に準拠し、Qi対応のスマートフォンであれば、フォトレコーダーに置くだけでスマートフォンをワイヤレス充電可能。充電中にスマートフォン内の写真を自動で取り込むこともできる。

 取り込んだ写真からショートムービーを作成することが可能。顔の検出などの処理を行ない、背景などのテンプレートデータやBGMと写真を自動的に選択し、「おまかせクリップ」を作成する。フォトレコーダー内の写真や作成した「おまかせクリップ」はSNSなどにアップロードできる。

 リモコンを付属しており、取り込んだ写真から画面を見ながら「おまかせクリップ」を作成する操作をリモコンから行なうことが可能。SNSへのアップロードもリモコンで簡単に操作できる。

 スマートフォンアプリ「DIGA Contents Link」は、6月末にiOSの公開とAndroid版のバージョンアップを予定。アップロードできるSNSは6月4日現在、PicMate/mixi(写真のみ対応)/facebook/YouTube(動画のみ対応)/Picasa。

 インターフェースはHDMI/USB/LAN/SDカードスロットなど。本体サイズは幅180×高さ69×奥行き216mm(突起部含む)、重さは約1.8kg。

パナソニック、スマホ写真の楽しみが広がるフォトレコーダー……写真の保存・SNSアップロード

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)