小・中学生対象、理科教育&自然・環境をテーマに映像作品を募集

 日本視聴覚教育協会では、小・中学生を対象とした第11回「全国こども科学映像祭」の作品募集を開始している。参加作品は科学全般で、特定の分野にこだわらず、理科教育に関するものや、広く自然・環境・生活の中にある題材を取り上げたもの。

教育・受験 その他
全国こども科学映像祭
  • 全国こども科学映像祭
  • サイエンスチャンネル「全国こども科学映像祭受賞作品」
 日本視聴覚教育協会では、小・中学生を対象とした第11回「全国こども科学映像祭」の作品募集を開始している。

 「全国こども科学映像祭」は、子どもたちの科学への関心を高め、カメラを通して科学の楽しさや素晴らしさを理解させ、子どもたちの“科学する心”を育むことを目的とした子どもたち自身が作った映像作品のコンクール。応募作品の中から入賞作品を選び、表彰式で上映し、映像祭としている。

 参加作品は科学全般で、特定の分野にこだわらず、理科教育に関するものや、広く自然・環境・生活の中にある題材を取り上げたもの。小学生が、その保護者または教員等と協力して制作した作品の「小学生部門」と、中学生が個人またはグループで制作した作品の「中学生の部」(教員の指導可)で募集する。

 作品に使用する言語は日本語で、上映時間は3分以上10分以内、所定のメディア(DVD、Blu-ray、Mini-DV、その他)で応募する。応募は1制作者1作品で未発表の作品であること。応募締切は平成25年1月9日。

 なお、コンクールの過去の入賞作品については、科学技術振興機構(JST)の運営する動画サイト「サイエンスチャンネル」に公開されており、無料で閲覧することができる。

◆第11回「全国こども科学映像祭」作品募集
対象:小学生、中学生
応募方法:所定のメディア(DVD、Blu-ray、Mini-DV、その他)で応募票をつけて提出
※応募票は近日公開の予定
応募作品の送り先
   〒105-0001東京都港区虎ノ門1-19-5 虎ノ門一丁目森ビルB1
  一般財団法人日本視聴覚教育協会内 第11回「全国こども科学映像祭」運営委員会事務局
締切:平成25年1月9日(水)
入選発表:平成25年1月下旬
表彰式・上映会・記念講演:平成25年2月9日(土)日本科学館 みらいCANホール
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)