無人島でサバイバル体験するインターンシッププログラム

生活・健康 その他

住環境づくり
  • 住環境づくり
  • グループワーク風景
  • 海産物の採取
  • イカダでの脱出
 パチンコホールなどの娯楽施設の運営を行うマルハンは、全国の大学生を対象に、無人島インターンシッププログラム「Discover」を8月に開催する。受け入れ期間は8月19日〜22日の3泊4日を予定している。

 同プログラムは、大学生・大学院生・短大生・専門学生が対象。“生存~Judgment of Life~”というコンセプトのもと、無人島でサバイバル体験をするというもの。無人島でのプログラムを通じ、自分自身の真の価値観を発見するプログラムで、昨年はエントリー数1,600名を超える応募があったという。

 無人島サバイバルの開催目的として、火を起こしたり、飲み水を確保したり、PCや携帯電話がないなどの非日常の環境の中で、「自分が何をするのか」「何ができるのか」と自らの判断と意思決定で行動を選択し、その行動結果の「責任を自分が負う」ことを実感してもらうことを挙げている。また、夢を描くことやチャレンジすることの大切さを知ってもらいたいとしている。

 参加申し込みは、「マイナビ2014」「リクナビ2014」の各就職情報サイト、または、マルハン公式採用Facebookページよりエントリーとなっている。なお、インターンシップの説明会がマルハン東京本社とマルハンリクルーティングオフィス大阪で行われる予定。

◆インターンシップ Discover
対象:大学生・大学院生・短大生・専門学生(学年不問)
会場:日本国内某所
受入期間:8月19日(日)〜22日(水)3泊4日を予定
 ※気候等により多少前後する可能性あり
受入れ人数:24名
[説明会/選考会]
東日本:マルハン東京本社
    6月17日~7月中旬まで
西日本:マルハンリクルーティングオフィス大阪
    6月23日~7月中旬まで
※開催日によって、10:00~、13:00~、14:30~、18:00~の時間帯で開催、1回当たり3時間程度
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)