【e絵本】直木賞作家の絵本アプリ、中高生のひとり読みに

 いつもは年齢の小さな子どもたちと読むことを前提に、数々の絵本アプリを紹介している本連載。今回は少し趣向を変えて、中学生や高校生がひとり読みで楽しめるものを取り上げたいと思う。

趣味・娯楽 その他
サーカスが燃えた
  • サーカスが燃えた
  • サーカスが燃えた
  • サーカスが燃えた
  • サーカスが燃えた
  • サーカスが燃えた
 いつもは年齢の小さな子どもたちと読むことを前提に、数々の絵本アプリを紹介している本連載。今回は少し趣向を変えて、中学生や高校生がひとり読みで楽しめるものを取り上げたいと思う。

 「サーカスが燃えた」。佐々木譲/作、佐々木美保/絵、iPad対応。北海道アルバイト情報社より無料配信中。

 2010年に著作「廃墟に乞う」で、第142回直木賞を受賞した作家・佐々木譲が、文を手がけた。燃えゆくサーカス小屋を目の当たりにするという、自身の幼少期の実体験をもとに、物語は紡がれる。

 「サーカスがくる、やってくる 夏にはまいとしサーカスがくる」と、冒頭から終わりまで、読めば自然に節がつく文章で進む本作。主人公の8歳の女の子が、お父さんとサーカスに来て出くわした火事の光景を、リズムにのせて淡々と語る。節回しのもつ楽しさの一方で、選ばれた言葉から立ち上る“冷静さ”がチラチラとのぞく感覚は、まさしく「サーカス」に感じる一片のもの悲しさを彷彿とさせる。

 絵と音楽の完成度もそれぞれ高く、3つが揃うとその相乗効果で、物語の世界がかっちり完成するように筆者は思う。ぜひ、音楽機能もオンにして楽しんでほしい。

 物語のラストには、ちょうど中学生や高校生が、今まさに直面しているであろう主人公の気づきが用意されている。この物語が気に入ったら、次は佐々木譲の小説に手を伸ばしてみるのも面白い。
《てらしまちはる》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)