科博で実験・観察・工作「2012 夏休み サイエンススクエア」7/24より

 国立科学博物館は6月27日、小・中高生を対象とした夏期イベント「2012夏休み サイエンススクエア」について発表した。開催期間は7月24日から8月19日まで。ホームページにはイベントの詳細をまとめたリーフレットが公開されている。

教育・受験 その他
2012 夏休み サイエンススクエア
  • 2012 夏休み サイエンススクエア
  • スケジュール
  • スケジュール
  • 企画詳細
  • 企画詳細
  • 企画詳細
 国立科学博物館は6月27日、小・中高生を対象とした夏期イベント「2012夏休み サイエンススクエア」について発表した。開催期間は7月24日から8月19日まで。ホームページにはイベントの詳細をまとめたリーフレットが公開されている。

 同イベントでは、「ノーベル賞装置:きりばこにチャレンジ」「おもしろメカニカルワールド」などの実験教室、「いろいろな砂」「葉脈標本を作ろう」などの観察実習、「金属探知機を作って宝探し!!」「ガリレオ温度計をつくろう」などの工作など、科学をテーマに遊びながら学ぶ、さまざまなプログラムが60種以上用意されている。

 プログラムにより対象年齢が異なったり、数百円程度の材料費がかかる場合がある。また、整理券を事前配布するものもあり、その場合は当日の9時10分から企画展示室前にて配布予定。必ず参加者本人が受付を行うこと。なお、混雑時には小中高校生を優先するという。

◆2012夏休み サイエンススクエア
期間:7月24日(火)~8月19日(日)
 ※月曜は展示替えのために閉室
時間:10:00~16:00(開場9:45)
会場:国立科学博物館(東京都台東区上野公園 7-20)
   日本館1階・企画展示室、日本館2階・講堂
入館料:高校生以下は無料/一般・大学生600円
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)