ビックカメラが節電啓発冊子を配布、イラストやグラフなど自由研究にもお役立ち

教育・受験 その他

なるほど節電・発見レポート
  • なるほど節電・発見レポート
 ビックカメラは23日、オリジナルの節電啓発冊子「なるほど節電・発見レポート」をビックカメラ各店舗で配布を開始したと発表した。イラスト、グラフを添えて分かりやすく節電方法などを紹介しており、夏休みの自由研究にも役立つという。

 同冊子は、同社が販売する最新家電に買い替えをした場合の節電効果、電気代の節約金額の目安、節電に寄与する便利機能の紹介、家電製品の節電性能を十分に発揮させる正しい使い方などを、イラストを添えてわかりやすく紹介している。

 同社ではこれまでも、小中学生を対象とした夏休みの自由研究向けのイベントとして、「ビックカメラ エコツアー家電リサイクル工場見学」、「エコとわざコンクール」などを行なっており、このような環境啓発を積極的に行うことにより、節電家電の普及促進に務めるのだという。

◆なるほど節電・発見レポート
発行部数:7万部
配布場所:ビックカメラ各店
ページ数:20ページ
内容:下記内容をイラスト、グラフを添えて紹介
・最新家電製品の節電機能
・節電家電への買い替え効果(節電効果、電気代の節約金額の目安)の紹介
・家電製品が節電性能を十分に発揮できる上手な使い方
・太陽光発電、省エネ内窓などの住宅設備による節電、創電
・節電発見シール(付録)
《村尾 純司》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)