自宅のエアコンを切って「節電避暑地」へ…市川市キャンペーン9/30まで

生活・健康

「節電避暑地」ポスター
  • 「節電避暑地」ポスター
  • 「節電避暑地」ポスター
  • 「節電避暑地」イメージ
 市川市は、家庭での節電や熱中症の予防を支援するために、7月20日から9月30日まで「節電避暑地キャンペーン」を実施する。公共施設や商業施設、企業のショールーム、商店街等を「節電避暑地」として市民に開放する。

 夏季の節電対策として、エアコン等の電気を切って家庭を離れ、商業施設や公共施設で過ごすことで、家庭での節電を支援し、経済活性化につなげるのが狙いという。

 期間中、「節電避暑地」には避暑地であることを知らせるポスターを掲示し、一部の施設では、イベント実施や特典を用意する。

 「節電避暑地」となっている公共施設は、図書館や文化センター、こども館、公民館、博物館、老人福祉センター、噴水のある公園、プールなどとなっている。なお、「節電避暑地」の場所は、同市ホームページの「いち案内」にて確認することができる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)