学習効率の向上など、画期的なeラーニング事例を9/30まで募集

教育ICT インターネット

募集ページ
  • 募集ページ
 eラーニングに関する革新的な技術、コンテンツ、導入事例を積極的に表彰する「第9回 日本e-Learning大賞」の応募受付がスタートした。

 同大賞では、優秀な事例に対し、今回より新たに設けられた「通称:eラーニング・オブ・ザ・イヤー」のほか、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞、優れた部門への部門賞が授与される。各賞の発表は、e-Learning Awards 2012フォーラム(11月28日から30日)にて行われるという。

 主催のe-Learning Awardsフォーラムは、2011年度には1日半という会期の中でのべ4,700人の来場者を集めた。今回は会期を一日延長し、7,500人の来場者を見込んでいる。

 募集テーマは会社や学校で活用している「eラーニング事例」。業務効率や学習効果の向上に寄与する、またはそうした可能性を秘めた将来性のあるeラーニングサービス、システム、コンテンツなど多岐に渡る。
《村尾 純司》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)