【ロンドン五輪】英国でオリンピックに興味があるのは5割以下、24か国調査

趣味・娯楽 スポーツ

ロンドン5輪を観戦する予定ですか
  • ロンドン5輪を観戦する予定ですか
  • ロンドン5輪を観戦する予定ですか
 グローバル調査を行うイプソスが実施したロンドン五輪に関する調査によると、対象となった24か国の18,623人の約6割がオリンピックに興味があると回答したが、開催国の英国では5割以下だった。

 調査は、世界24か国の18,623人を対象に、6月5日から19日の15日間実施。調査対象となったのは、米国とカナダの18歳から64歳と、そのほか22か国の16歳から64歳。調査対象国は、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、イギリス、ハンガリー、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、ポーランド、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ、米国だ。

 調査結果によると、対象の72%はオリンピックを観戦するつもりだと回答。観戦方法は、テレビの65%がもっとも高かったが、そのほかは、インターネット(23%)、携帯電話・スマートフォン(6%)、タブレット(4%)などが挙がった。国別に見ると、メキシコや韓国ではテレビ観戦が約8割と高かったが、中国やインドでは、テレビ以外での観戦が約9割となった。特に中国では、インターネットでの観戦が67%、携帯電話・スマートフォンが16%、タブレットが11%だった。

 競技別に調査結果を見ると、もっとも気になる種目は、陸上とサッカーがそれぞれ20%と人気が高く、水泳(16%)、体操(14%)、バレーボール(5%)、テニス(5%)が続いた。日本では、サッカーの人気がもっとも高く30%で、第2位は陸上で20%だった。

 オリンピックに強い関心があると回答したのは、全体の62%。インド(85%)、中国(82%)、韓国(78%)などアジアの国では関心度が高い一方で、今回の開催国である英国では、興味があると回答した人が50%以下だったという。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)