小学校の英語活動で身についたこと…第1位「英語を聞くことに慣れた」

教育・受験 学習

小学校の英語の好き嫌い
  • 小学校の英語の好き嫌い
  • 小学校の英語が好きだった理由
  • 小学校の英語活動で身についたと思うこと
  • 学校の英語の好き嫌い(現在)
  • 英語の授業の理解度(現在)
  • 英語の学習動機
 ベネッセは、2011年10月に小中学校の英語教育に関する調査を行い、結果を速報版としてまとめ公表した。62.9%の生徒が小学校の英語活動が好きだったと回答し、活動を通して「英語を聞くこと」「英語の音やリズム」「外国の人と接すること」に慣れたという。

 同調査は、中学校英語教育のあり方を検討する材料として、小学校の英語活動の成果と課題を明らかにするほか、中学校の英語教育への期待と課題を明らかにするため、中学1年生とその母親2,688組へインターネット調査を実施した。

 小学校の英語活動について、62.9%の生徒が「小学6年生の時に英語が好きだった」と回答し、英語が好きな理由として73.3%が「授業が楽しかったから」と回答している。また、小学校の英語活動で身についたと思うことは、「英語を聞くことに慣れたこと」(50.8%)、「英語の音やリズムに慣れたこと」(41.2%)、「外国の人と接することに慣れたこと」(35.9%)の順に多かった。

 小学校卒業までにやっておきたかったことは、「英単語を書くこと」(33.1%)、「英語での簡単な会話」(32.8%)、「英単語を読むこと」(26.9%)の順に多かった。

 中学校の英語教育について、57.2%の生徒が「現在、学校で学ぶ英語は好き」と回答した。英語の授業の理解度は、「ほとんどわかっている」(31.5%)、「70%くらいわかっている」(33.3%)で64.8%の生徒が7割以上授業を理解している。

 英語の学習動機について、「英語のテストでいい点を取りたいから」(82.4%)がもっとも多く、次いで「英語をできるようになるのがうれしいから」(70.9%)「英語はこれからの国際社会で必要となると思うから」(68.0%)だった。将来的なことを考えて英語を勉強しているという回答も多くみられた。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)