間違いやすいTOEIC英単語・熟語ランキング「apparently」「cautious」など

 英語学習サービス「iKnow!」を運営するセレゴ・ジャパンは10月16日、「TOEICテストで間違いやすい単語・熟語ランキング」を発表した。800点を目指すユーザーがもっとも間違えやすいのは「pull off」となった。

教育・受験 学習
TOEICテストで間違いやすい単語・熟語ランキング(470点)
  • TOEICテストで間違いやすい単語・熟語ランキング(470点)
  • TOEICテストで間違いやすい単語・熟語ランキング(600点)
  • TOEICテストで間違いやすい単語・熟語ランキング(800点)
 英語学習サービス「iKnow!」を運営するセレゴ・ジャパンは10月16日、「TOEICテストで間違いやすい単語・熟語ランキング」を発表した。800点を目指すユーザーがもっとも間違えやすいのは「pull off」となった。

 調査は、「iKnow!」ユーザーの中からTOEICテスト対策コンテンツで学習した13万3247人を対象に、2011年1月27日から2014年4月30日までの学習データを分析。470点、600点、800点の目標スコアごとにまとめた。なお「間違いやすい英単語」とは、脳科学の研究を基に開発した「iKnow!」の学習アルゴリズムが、覚えていると判断したタイミングで出題した復習クイズの中で、正答率が低い単語を指す。

 調査結果によると、「470点」では、「apparently(一見したところ、どうやら~らしい)」が1位。2位は「appeal(嘆願、要求)」、3位は「largely(主として)」だった。セレゴ・ジャパンでは、「-able」「un-」「-ly」など、規則性を発見することで、わからない単語も意味を推測しやすくなり、覚えやすくなるとアドバイスしている。

 「600点」は、「cautious(慎重な)」「push for(~を得ようと努める)」「turn up(姿を現す)」「live up to(~に応える、沿う)」の順。ランキング2位から4位を句動詞(動詞+副詞、動詞+(副詞)+前置詞)が占めた。知っている動詞が句動詞になると、意味が変わるため、間違える傾向が顕著だという。

 「800点」は「pull off(~を成し遂げる、成功する)」「discretion(思慮深さ、慎重さ)」「straighten out(~を解決する)」の順。ランクインした単語は語彙レベルが高く、多くの意味を併せ持たないものが多い。ビジネスシーン以外ではあまり触れることがないため、使えるレベルに到達するには時間を要する傾向にあるという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)