国立科学博物館、陸前高田市で恐竜博を無料開催8/11-8/19

趣味・娯楽 その他

震災復興・国立科学博物館コラボミュージアム「アロサウルスがやってきた」
  • 震災復興・国立科学博物館コラボミュージアム「アロサウルスがやってきた」
  • 震災復興・国立科学博物館コラボミュージアム 岩手県巡回中
 国立科学博物館は、8月11日から8月19日まで、岩手県陸前高田市で震災復興・国立科学博物館コラボミュージアム「アロサウルスがやってきた」を開催する。入場料は無料。

 今回開催する陸前高田市は、昨年の東日本大震災で市立博物館をはじめとする文化施設が津波によって甚大な被害を受け、未だ博物館活動が十分に行えない状況にある。このたび、陸前高田市立博物館との連携や岩手県内外の博物館関係者の協力により、陸前高田市米崎地区コミュニティーセンターで展覧会や体験イベントを行う。

 展覧会では、日本で初めて展示された恐竜全身骨格「アロサウルス」(実物化石)や日本で初めて岩手県で発見された恐竜化石「モシリュウ上腕骨」(レプリカ)、旧陸前高田市「海と貝のミュージアム」の「ツチクジラ標本レスキュー活動紹介パネル」などが展示される。

 体験イベントでは、8月12日に「化石のレプリカをつくろう!」や8月18日と19日に「星砂を探そう」「恐竜誕生」を予定している。すべて参加無料で、当日会場にて参加受付する。

 アロサウルスの実物全身骨格が展示されるメイン会場のほか、尾羽竜などの小型恐竜展示やステゴサウルスの実物上腕骨化石に触れるサブ会場がある。

 震災復興・国立科学博物館コラボミュージアムは、2013年4月中旬まで岩手県内7か所で開催し、宮城県や福島県でも開催するという。

◆震災復興・国立科学博物館コラボミュージアム「アロサウルスがやってきた」
日時:8月11日(土)~8月19日(日)9:00~17:00
 ※8月11日(土)13:00より開会式を行う
会場:陸前高田市立博物館
参加費:無料

【メイン会場 アロサウルスの実物全身骨格展示】
岩手県立博物館:9月11日~12月9日
大船渡市博物館:12月12日~4月14日

【サブ会場 尾羽竜などの小型恐竜展示やステゴサウルスの実物上腕骨化石展示】
遠野市立博物館:7月20日~9月7日
岩手県立水産科学館:2013年1月18日~3月31日
芦東山記念館:2013年1月11日~4月14日
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)