フジ・学研ら、中国企業と業務提携…中国で教育事業拡大へ

教育・受験 その他

フルタウン エントランス
  • フルタウン エントランス
  • フルタウン バス
  • フルタウン 海賊船
 学研ホールディングスとフジテレビKIDS、フェザンレーヴは、中国・杭州昼錦堂会展(昼錦堂)と中国国内の教育に関する事業を共同で行う業務提携の基本合意をしたことを発表した。

 昼錦堂は、一人っ子政策の影響による子どものための消費意欲の高まりを背景に、中国初の幼児向け大型複合施設「フルタウン」を2011年12月、浙江省杭州市にオープン。今後、上海と北京を含む中国各地で同様の施設を開設し、3年後には10店舗の展開を目指している。

 今回の提携で学研は、永年にわたって培ってきた科学教育、幼児教育などの事業に関するノウハウおよびコンテンツを、中国での教育事情に合わせてローカライズし、「フルタウン」の中で展開しつつ、今後の中国における事業拡大のテストマーケティングを行う。フジテレビKIDSは、中国、杭州TV子どもチャンネル「杭州陽光」で「親子で遊んで学ぶ」をテーマにした番組、中国版「beポンキッキーズ」、『フルフルポン(仮)』を展開。「フルタウン」の施設、コンテンツを使って番組制作を行う。

 また、今後の展開として、浙江省の子ども向け専門チャンネル「浙江少児」でも、同様の展開を予定。フェザンレーヴは、「フルタウンプロジェクト」の総代理店として、「フルタウン」のデザイン設計、コンテンツの企画のほか、日本企業に対する同施設を使ったマーケティングサポート業務を展開していく。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)