アマゾン、122校にキンドル導入…コンテンツ一括管理サービスも提供

教育ICT モバイル

キンドル
  • キンドル
  • キンドル
  • キンドルファイア
  • キンドルファイア
  • Whispercast for Kindle
 米アマゾンは10月17日、電子書籍端末「キンドル」とタブレット端末「キンドルファイア」の教育市場での普及拡大をねらい、端末を管理するためのサービス「Whispercast for Kindle」の無償提供を開始したと発表。

 同サービスは、学校など多数の端末を導入する環境において、端末と電子書籍コンテンツの一括管理を可能にする。アクセス制限などといった端末の設定から、配布コンテンツまで一元的に管理することで、端末ひとつひとつを個別に設定する必要がなくなるという。

 また、キンドル端末だけでなく、iOS搭載のMac製品やAndoroid端末、パソコンもサポートし、専用アプリをインストールすることで、各端末に電子教材を配布できるようになる。先生が購入したキンドル用コンテンツを、一度に複数の端末に配布することを可能にするという。

 米国の学校では、すでにキンドルの利用が始まっており、クリアウォーター高校では2年半前に2,000台導入したという。同校の校長Keith Mastroides氏は、「生徒は、今までよりも熱心に学習するようになった」と語り、現在では地区内の122校以上の学校でキンドルが導入されているという。Whispercast for Kindleは、キンドルやコンテンツを管理する上で非常に役立つサービスだと同氏はコメントしている。

 キンドルの日本発売が注目される。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)