学習支援業、伸び率の前年同月比は12か月間連続増加…経産省調査

教育・受験 その他

第3次産業活動指数の推移
  • 第3次産業活動指数の推移
  • 上昇業種
  • 低下業種
  • 大分類業種指数の伸び率推移
  • 業種分類別活動指数(直近3か月)
 経済産業省は11月12日、2012年9月の第3次産業活動指数を発表した。第3次産業活動指数は、99.4、前月比0.3%の上昇。業種別では、学習支援業が前月比0.4%上昇、前年同月比0.5%上昇であった。

 第3次産業活動指数は、第3次産業に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的に1978年より統計を開始した。1990年基準までは四半期ごとの公表だったが、1999年3月分から月次公表となっている。サービス産業動向調査では、日本標準産業分類の分類に準拠して「教育、学習支援業」としているが、第3次産業活動指数では、名称を「学習支援業」とし、教育は「公務等活動指数」の対象業種としている。

 2012年9月の第3次産業活動指数を業種別にみると、金融業、保険業、医療、福祉、情報通信業、生活関連サービス業、娯楽業、不動産業、物品賃貸業、その他サービス業(公務等を除く)、運輸業、郵便業、宿泊業、飲食サービス業、学習支援業、複合サービス事業が上昇。一方、卸売業、小売業、学術研究、専門・技術サービス業、電気・ガス・熱供給・水道業が低下した。

 大分類業種指数の伸び率推移をみると、学習支援業は前年同月比が2011年9月以来13か月間連続して増加している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)