テレビ局6社、スカイツリーへの送信所移転に向け試験放送をスタート

デジタル生活 その他

東京スカイツリー(2012年8月撮影)
  • 東京スカイツリー(2012年8月撮影)
  • 東京スカイツリー(2012年8月撮影)
  • 東京スカイツリー受信相談コールセンター・受付時間など
 日本放送協会・日本テレビ放送網・テレビ朝日・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビジョンの在京テレビ6社は22日、地上テレビジョン放送の送信所を、現在の東京タワーから東京スカイツリーに移転するにあたり、今後のスケジュールなどを公表した。

 送信所移転は、2013年5月頃の予定。東京スカイツリーに移転することで、送信アンテナの設置場所の高さが約600mとなるため、固定受信の受信環境が改善される見込みだ。また、緊急災害時のワンセグ放送も、安定受信できるエリアが大幅拡大する。

 あわせて在京テレビ6社は共同で、事前対策として、移転前に東京スカイツリーからの試験放送を開始した。2012年12月22日~2013年1月下旬(12月29日を除く)の期間、毎週土曜日午前4時58分から同5時の2分間、試験放送を行う。試験放送により受信障害の影響の出た世帯に対しては、専門のコールセンターを設置して受信相談に対応する。電話番号は0570-015-150で、試験放送実施日の午前5時~午後8時、平日は午前9時~午後8時、土日祝は午前9時~午後6時が受付時間となる。

地上テレビの電波送信、2013年5月に東京スカイツリーに移転……試験放送がスタート

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)