2013年春の花粉飛散、西・東日本は2月上旬から

生活・健康 健康

花粉の飛散開始予想
  • 花粉の飛散開始予想
  • 花粉飛散傾向・関東
  • 花粉飛散傾向・近畿
  • 花粉飛散傾向
 ウェザーニューズは11月29日、2013年の花粉シーズンの「スギ・ヒノキ花粉」傾向を発表した。西・東日本は2月上旬、北日本は2月下旬から飛散を開始すると予想している。

 スギの雄花は、寒さのピークを越え比較的暖かくなると、休眠を終えて花粉の飛散を開始する。この冬は、年末から1月にかけて東〜西日本の広いエリアで真冬らしい寒さの日が多くなる見通し。2月に入る頃になり一時的に寒気が緩むタイミングがあると、西〜東日本の太平洋側など早い所では花粉が飛散し始めそうだという。

 2月中旬になると、寒気が緩み春の気配を感じられる日が増えてきて、西〜東日本を中心に飛散開始となるエリアが一気に増える見通し。その後は日本海側や東北地方などでも花粉が飛び始めて約1か月の間に飛散開始エリアが北上し、3月上旬には東北地方北部までスギ花粉が飛散し始める予想している。

 昨シーズンは、全国的に寒い日が続き、花粉の飛散の開始がやや遅れる傾向があった。今年の冬も、西日本を中心に寒い冬となる見通しだが、昨シーズンより気温がやや高めの傾向となる予想であるため、飛散開始は昨シーズンより3日〜4日ほど早いか、同じくらいのタイミングとなりそうだという。

 飛散開始後は1週間〜10日前後で本格的に飛散し始め、西〜東日本では3月上旬〜中旬、北日本では4月上旬〜中旬にスギ花粉の飛散ピークを迎える見通し。また、スギ花粉のピークを過ぎた後、桜の花が咲く頃にはヒノキ花粉の飛散量が増え、西〜東日本では4月上旬〜中旬に飛散のピークを迎えそうだという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)