ヒト型コミュニケーションロボット、2013年夏に宇宙へ…ネーミング募集中

趣味・娯楽 その他

ロボットのデザイン
  • ロボットのデザイン
  • KIBO ROBOT PROJECT(webサイト)
 「KIBO ROBOT PROJECT」は、国際宇宙ステーションに滞在するヒト型コミュニケーションロボットの仕様および、2013年夏の打ち上げが決定したことを発表した。

 同プロジェクトは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)による公募「”きぼう”を利用した社会課題解決テーマのフィジビリティスタディ提案」に採択され、2011年から1年以上にわたった検討から生まれたもの。国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟内に滞在するヒト型コミュニケーションロボットを、電通と東京大学先端科学技術研究センター(東大先端研)、ロボ・ガレージが共同で開発している。

 ロボットは、宇宙飛行士と自律動作および遠隔操作によるコミュニケーションや、地上に向けて情報発信を行うことができ、完成は2013年2月の予定。同年夏に国際宇宙ステーションに向けて打ち上げを行うという。

 同年冬には、日本人初の国際宇宙ステーション船長となる若田光一宇宙飛行士とロボットが対面し、世界で初めてとなる「宇宙における人とロボットとの対話実験」が実現する。また、同じ仕様のロボットをもう1体作製し、地上での同プロジェクトの活動紹介やバックアップなどに活用する予定。

 ロボットの仕様は、身長約34cm、全幅約18cm、奥行き約15cmで、重量は約1000グラム。発話言語は日本語で、音声認識、自然言語処理、音声(発話)合成、情報通信機能、コミュニケーション動作、顔認識カメラ、記録用カメラなどを装備する。

 なお、同プロジェクトホームページにおいて、宇宙に打ち上げるロボットおよび地上で活動するロボット、2体それぞれの名前を募集する。採用者1名および応募者の中から抽選で選ばれた1名を2013年夏、宇宙へのロボット打ち上げに招待するという。

◆KIBO ROBOT PROJECT ロボットの名前募集
応募方法:
webサイトの専用フォームに、(1)宇宙用ロボットの名前(2)地上用ロボットの名前(3)名前(4)年齢(5)住所(6)メールアドレス(7)電話番号を記入して応募
締切:2013年1月10日(木)12:00
発表:2013年2月のロボット完成時を予定
特典:
・採用者1名と応募者の中から抽選で1名を2013年夏、宇宙へのロボット打ち上げに招待。
・採用者には額装したロボットのデザイン原画をプレゼント。
・応募者の中から抽選で5組10名(応募者ともう1名)を「JAXA 筑波宇宙センター KIBO ROBOT PROJECT 特別見学ツアー」に招待。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)