選挙期間中のTwitter、キーワードランキングトップは「外交/安全保障」関係

デジタル生活 ソフト・アプリ

日本語ツイートに使われたキーワードをもとにしたトピックのランキング
  • 日本語ツイートに使われたキーワードをもとにしたトピックのランキング
  • 若い世代に投票を呼びかけるツイート
  • 投票所の様子を報告するツイート
 Twitterは17日、選挙期間中のTwitterについて、日本語ツイートに使われたキーワードをもとにしたトピックのランキングを、同社公式ブログで発表した。

 それによると、「外交/安全保障」関係のキーワードが、「景気/雇用」「原発」などの関連キーワードを抑え、トップになったという。Twitterでは、選挙期間中にミサイル問題があったことなどが関係し、外交/安全保障関係のキーワードが目立ったのではないかと分析している。

 また、12日~16日にかけては、若い世代に投票を呼びかけるツイートが急増したことも指摘している。その影響力はさだかではないが、あちらこちらの投票所で列ができている様子のツイートも多く行われたとのこと。総務省発表などでは、前回選挙に比較し、大きく投票率が下がったと報道されているが、Twitterユーザーの観測範囲の“実感”とは、ズレも感じられるようだ。

昨日の選挙、Twitter最注目ワードは「外交/安全保障」

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)