インフルエンザ、患者数が今季初の100万超で一気に140万に

生活・健康 健康

インフルエンザ流行レベルマップ 2013年 第3週(1月14日~1月20日)
  • インフルエンザ流行レベルマップ 2013年 第3週(1月14日~1月20日)
  • インフルエンザ流行レベルマップ 2013年 第3週(1月14日~1月20日)
 国立感染症研究所が1月25日に更新した「インフルエンザ流行レベルマップ」によると、2013年第3週(1月14日~1月20日)の定点当たりの報告数は22.58(患者報告数111,475)となり、前週の報告数(定点当たり報告数12.07)を大きく上回る結果となった。

 また、全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数の推計は約140万人にのぼり、前週の80万人を上回るとともに、今季初めて100万人を超えた。内訳は、5~9歳約20万人(14.3%)、30代約19万人(13.6%)、0~4歳、10~14歳、20代、40代がそれぞれ約16万人(11.4%)となっている。

 また、都道府県別では福島県(38.63)、茨城県(36.18)、群馬県(35.66)、長崎県(34.50)、千葉県(34.17)、福岡県(32.92)、埼玉県(32.13)、栃木県(32.08)、佐賀県(31.45)の順に流行。全国の保健所地域で警報レベルを超えているのは114か所(28都道府県)、注意報レベルのみを超えている保健所地域は367か所(全47都道府県)に増加した。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)