昨年12月の教育費8,838円と2か月連続の実質減少…総務省家計調査

生活・健康 その他

消費支出の推移
  • 消費支出の推移
  • 消費支出の内訳(2012年12月-二人以上の世帯)
  • 勤労者世帯の収支の内訳
 総務省は2月1日、2人以上の世帯の家計調査報告について、2012年12月分の速報結果を公表した。消費支出は、1世帯あたり325,492円で前年同月比実質0.7%の減少、前月比実質0.7%の減少。このうち教育費は、8,838円と2か月連続の実質減少で前年同月比実質11.7%の減少となった。

 同調査は、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯を対象として、家計の収入・支出、貯蓄・負債などを毎月調査している。

 勤労者世帯の実収入は、902,928円(臨時収入・賞与を含む)で前年同月比実質1.1%の増加となっている。しかし、世帯主の定期収入が前年同月比実質1.9%減少しており、それを支える形で配偶者の収入が前年同月比実質15.5%増加し、13か月連続の実質増加となっているのが現状だ。

 2012年12月の集計世帯数は7,798世帯、調査対象人数は2,150,140人でこのうち18歳未満の子どもは420,893人と全体の19.6%と2割を切っている。また、小学校から大学に在籍している子どもは335,201人、このうち私立学校に通っている子どもは64,852人で19.3%となっている。

 教育費、8,838円の内訳は「授業料等」5,440円、「教科書・学習参考教材」116円、「補習教育」3,290円となっており10年前と比べて教育費全体で1,778円減少となっており、収入全体における教育費の割合の減少が懸念される。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)