読書教育の一貫として全生徒に電子書籍リーダー「kobo」を配布、立命館宇治中・高

教育ICT 学校・塾・予備校

「kobo Touch」
  • 「kobo Touch」
  • 立命館宇治中学校・高等学校サイト
 立命館宇治中学校・高等学校と楽天は15日、電子ブックリーダー「kobo Touch」約1600台の導入で合意したことを発表した。立命館宇治中高では、2013年4月の新学期から「kobo Touch」を全生徒に配布し利用を開始する。

 国内の教育機関における全生徒を対象とした電子ブックリーダーの導入は、本件が初だという。同校では、全校一貫して読書教育に注力しており、特に中学校では3年間で100冊(2万ページ)を読了することを目指している。

 導入後は同校の管理のもと、全生徒を対象として、1名につき1台を配布し、生徒は中学・高校ともに学業修了まで自由に利用することができる。同校では、主に朝の読書の時間に利用するほか、授業での利用も検討しているとのこと。

 なお、立命館宇治中高では、さらなる読書教育の推進を目的に「kobo活用委員会」を設置し、教育分野における積極的な電子ブックリーダーの活用を促進する計画だ。なお楽天は、電子書籍ストアの「koboイーブックストア」において立命館宇治中高向けの特集を用意し、学校推薦のコンテンツを紹介していく予定。

立命館宇治中学・高校、全生徒を対象に電子書籍リーダー「kobo Touch」導入

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)