西東京バス、4/1より運賃内なら全路線乗り放題の定期券導入

京王電鉄グループの西東京バスは、定期券に設定した運賃内なら同社全路線が乗り放題となる、新しい定期券「IC金定期券」を4月1日からサービス開始すると発表した。

デジタル生活 その他
西東京バス、運賃内なら乗り降り自由なIC金額定期券を導入
  • 西東京バス、運賃内なら乗り降り自由なIC金額定期券を導入
  • 西東京バス、運賃内なら乗り降り自由なIC金額定期券を導入
京王電鉄グループの西東京バスは、定期券に設定した運賃内なら同社全路線が乗り放題となる、新しい定期券「IC金定期券」を4月1日からサービス開始すると発表した。

定期券は従来、区間を設定するが、IC金額定期券「モットクパス」では、運賃を設定し、定期券に設定した運賃内なら同社の全路線(高速バスや空港連絡バスなど除く)が乗り放題となる。通勤ルートが行きと帰りで異なる場合でも、1枚の定期券で利用できる。

また、従来型定期券は、指定区間を乗り越した場合、定期区間からの初乗り運賃から精算されるが、IC金額定期券は定期券に設定した運賃との差額を精算する。鉄道のICカードと同様、乗り越し料金は降車時にチャージしてある残高から自動的に精算される。

IC金額定期券はPASMOやSuicaなどのICカードに定期券情報を書き込むため、電車とバスの定期券を1枚に集約できる。

IC金額定期券は割引率が10%となる6カ月定期も導入する。

西東京バス、運賃内なら乗り降り自由なIC金額定期券を導入

《編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)