平成25年度「第1回日本漢字能力検定」4/1申込開始

 平成25年度「第1回日本漢字能力検定」の個人受検の申込受付が4月1日(月)より開始した。検定日は6月30日、申込締切日は5月30日協会必着。ただし、書店での申込受付は5月27日まで。

教育・受験 受験
日本漢字能力検定のホームページ
  • 日本漢字能力検定のホームページ
  • 平成25年度の検定日程
  • 高校入試における漢検活用状況
  • 大学入試における漢検活用状況
 平成25年度「第1回日本漢字能力検定」の個人受検の申込受付が4月1日(月)より開始した。検定日は6月30日、申込締切日は5月30日協会必着。ただし、書店での申込受付は5月27日まで。

 日本漢字能力検定(漢検)は、漢字能力を測定する技能検定で、1~10級の12段階に分かれている。漢字を「読む」「書く」だけでなく、漢字の意味を理解し、文章の中で適切に使える能力も測る。「個人」「団体」「漢検CBT」の3つの受検方法がある。

 個人受検は、全国47都道府県の主要都市約180か所に設けられた公開会場で受検する方法で、年3回実施。平成25年度「第1回日本漢字能力検定」の個人受検は、6月30日(日)に実施される。申込受付は、4月1日~5月30日(協会必着)。ただし、書店での申込受付は5月27日まで。

 近年、漢検は、高校入試や大学入試、企業の新卒採用や社員教育などに活用されている。日本漢字能力検定協会が2012年に行った独自調査によると、高校入試(一般)では67.2%、大学入試(推薦)では65.5%が活用しているという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)