全国1000か所で調査、LTEでつながるエリア化率のNo.1はNTTドコモ

 日経BPコンサルティングはこのほど、「全国LTEエリア調査」を実施し、その結果をまとめた。本調査では、全国の人が多く集まる場所を1000ヵ所抽出し、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3社のLTEの接続エリア、速度などの実態を調査した。

デジタル生活 インターネット
NTTドコモ『Xperia Z』
  • NTTドコモ『Xperia Z』
  • 今回調査の結果<LTEエリア化率と平均データ通信速度(ダウンロード)>
  • LTEエリア化率(地域/カテゴリー別)
  • LTEエリア化率(地域/カテゴリー別)続き
  • 主力3機種のLTE平均データ通信速度
  • 主力3機種のLTE平均データ通信速度 続き
  • LTE/4G平均データ通信速度
  • LTE/4G平均データ通信速度 続き
 日経BPコンサルティングはこのほど、「全国LTEエリア調査」を実施し、その結果をまとめた。本調査では、全国の人が多く集まる場所を1000ヵ所抽出し、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3社のLTEの接続エリア、速度などの実態を調査した。

 その結果、全国におけるLTEでつながるエリア化率のNo.1はNTTドコモとなった。エリア化率とは、LTE/4Gでつながるエリア内におけるポイント数の比率を指す。

 また、各キャリアの販売の中心となっている機種であるドコモ『Xperia Z』、KDDI(au)『iPhone5』、ソフトバンクモバイル『iPhone5』でのデータ通信速度比較で、ドコモの『Xperia Z』がダウンロードスピードにおいて1位となった。一方、前述の3機種にKDDI(au)『HTC J butterfly』、ソフトバンクモバイル『AQUOS PHONE Xx』のAndroid端末2機種を加えた5機種の比較においては、KDDI(au)『HTC J butterfly』が、LTEデータ通信速度比較で1位となった。

●LTEでのエリア化率No1はNTTドコモ

 今回の調査で最も重きを置いた点は、日本全国の主要個所でLTEがつながるのかどうかという点だ。最もLTEでのエリア化率が高かったのはNTTドコモだった。

 主要個所でのつながりやすさは各キャリア間で差異は小さいが、その中でNTTドコモのLTEによる接続比率が97.4%と最も高かった。エリア(地域)別で見ると「東北地区」、「中国地区」、「九州地区」は、今回の調査ポイントでNTTドコモのLTE接続が100%だった。カテゴリーでみるとNTTドコモは「空港」でのエリア化率が100%だった。一方、KDDI(au)は、関東圏でのエリア化率が高く、また「大学」におけるエリア化率が高い。


●売れ筋機種で最もダウンロード速度の速いNTTドコモ『Xperia Z』

 各キャリアで現在最も売れている機種(NTTドコモ『Xperia Z』、KDDI、ソフトバンクモバイル『iPhone5』)で比較してみた。この売れ筋3機種で最もつながり、データ通信のダウンロード速度が最も速かったのがNTTドコモの『Xperia Z』であった。ユーザーがスマートフォンで、ブラウジングをしたり、YouTubeなどの動画サイトを見るような一般的利用の場合、3機種の中でNTTドコモの『Xperia Z』が最も安定して快適だといえる。

 3機種の中でアップロードスピードが最も速かったのは、ソフトバンクモバイルの『iPhone5』だった。

●ダウンロード/アップロードのデータ通信が圧倒的に速いKDDI(au)のAndroid端末

 今回の調査では、売れ筋3機種に加え、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルのAndroid端末の売れ筋商品である『HTC J Butterfly』、『AQUOS PHONE Xx』を加えた5機種でも比較した。その結果、最もデータ通信速度の速い端末はKDDI(au)の「HTC J」で、ダウンロード、アップロードともNo1だった。

 今回の調査から、KDDI(au)とソフトバンクモバイル両キャリアのLTE/4G対応Android端末は、利用者数も『iPhone5』と比較して少ないと想定できることから、高速なデータ通信が利用できていると考えられる。一方、両キャリア主力機種である『iPhone5』にとっては、場所によって、つながりにくい状況や、データ通信速度への影響が見られるなど厳しい結果となっている。

●調査概要

 2013年3月30日から4月15日にかけて全国47都道府県から1000ヵ所の人の集まる場所を中心にLTE/4G接続によるエリア化率、およびスマートフォンにおけるLTE/4Gのデータ通信速度に関する調査を実施(実調査は1ヵ所で複数ポイントでの調査もあり、全体で1188ポイントの調査を実施)。調査対象場所は、公開統計情報などを元に人が多く集まる場所を選定。

 調査対象端末として、各キャリアの主力機種5機種(NTTドコモ『Xperia Z』、KDDI(au)『iPhone5』、『HTC J butterfly』、ソフトバンクモバイル『iPhone5』、『AQUOS PHONE Xx』)を選び、「RBB TODAY SPEED TEST」アプリにてデータ通信速度を計測。同地点で各3回計測を行ない、平均値を記録。またその際の接続通信方式についても記録。

 計測調査結果は、47都道府県を12エリア(「北海道」、「東北」等)に分割し、エリアごとで集計・分析。また13のカテゴリー(「イベント・スポーツ会場」、「観光地」、「ショッピングモール」、「駅」など)でも集計・分析

過去最多・全国1000か所でLTEエリア調査……No.1はNTTドコモ

《高木啓@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)