学生がアプリとビジネスプランを作成、早稲田大学プログラムコンテスト

教育ICT その他

ゼンリンデータコム いつもNAVI Android版(参考画像)
  • ゼンリンデータコム いつもNAVI Android版(参考画像)
  • ゼンリンデータコム いつもNAVI Android版(参考画像)
早稲田大学 産学官研究推進センター インキュベーション推進室と、ゼンリンデータコムは、学生の起業家精神を育てるためのイベントとして「第1回早稲田大学アプリケーションプログラムコンテスト」を開催する。

コンテストでは早稲田大学の学生チームや、早稲田大学と他大学の学生との混成チームが、一定期間内で与えられたテーマにあったアプリケーションとビジネスプランを作成する。その後、作成したアプリケーションとビジネスプランについてはオンラインでのプレゼンテーションを実施。他学生などの評価を受けることで、ユーザーやマーケットを考慮したアプリケーション開発の重要性を体験するとともに、起業家精神を育み養う。

今回のコンテストでは「位置情報を使ったサービスの開発」をテーマとし、ゼンリンデータコムが「いつもNAVI」のAPIを期間中無償解放。さまざまな位置情報関連のサービスの開発が可能となる。

また、審査委員には早稲田大学教員、ゼンリンデータコム関係者だけでなく、ベンチャー起業家、ベンチャーキャピタリストなど、各界のベンチャー支援者が参加。優秀なプランについては今後、事業化や起業を含めた支援を行うことも視野にいれている。

コンテストの1次審査締切は2014年1月上旬、2月28日に早稲田大学で最終発表会が行われる。

早稲田大学プログラムコンテストを開催、ゼンリンが いつもNAVI のAPI提供

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)