ワールド、被災地女子学生らにリクルートスーツを無償提供

教育・受験 その他

あしなが育英会より、ワールドに感謝状を授与
  • あしなが育英会より、ワールドに感謝状を授与
  • あしなが育英会(webサイト)
 アパレル企業のワールドは、あしなが育英会を通じて「東日本大震災特別一時金」利用の女子学生および東北在住の奨学生ら179名に「リクルートスーツ」を無償提供したと発表した。

 ワールドは1995年1月17日、兵庫県神戸市にある本社が阪神・淡路大震災で被災した。今回、被災を経験した企業として、これから社会へ一歩を踏み出そうとする東日本大震災で被災した女子生徒・学生に、役立てることができればという想いで、リクルートスーツの無償提供を行ったという。

 同社は2012年7月から2013年5月まで、「東日本大震災特別一時金」を利用、および東北在住のあしなが育英会奨学生の女子生徒・女子学生(高校生、専門学校生、大学生、短大生、大学院生)831名を対象に案内状を送付。2013年5月末までに希望する179名に婦人服ブランド「アンタイトル」「インディヴィ」のリクルートスーツ(ジャケット、スカート、パンツ)を無償提供した。これに対し、7月17日、ワールド本社ビルにて、あしなが育英会より感謝状が授与された。

 ワールドでは引き続き、6月より関西在住のあしなが育英会奨学生の女子生徒・学生を対象に、リクルートスーツの無償提供を行っており、同社のスーツをこれからの社会人生活に役立てて欲しいとしている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)