東京・大阪で中高生の科学研究発表会「サイエンス・キャッスル」、発表校募集

教育・受験 学習

昨年の様子(ポスター発表)
  • 昨年の様子(ポスター発表)
  • 昨年の様子(口頭発表)
  • 昨年の様子(口頭発表)
  • サイエンス・キャッスル2013
 リバネスは、中高生による科学的探求活動の成果発表会「サイエンス・キャッスル」を12月21日に東京、12月23日に大阪で開催。発表校を募集している。

 かつて日本では、城を中心に人が集まり、町ができ、文化がつくられた。それと同様に、研究者や研究を支援する組織、そして、これから研究に取り組もうとする中高生が集まり、“中高生が研究に参加する”という文化が生まれる中心となるよう「サイエンス・キャッスル」は企画されたという。

 本取組みは、教育ありきではなく、研究ありきの新しい科学教育の形「Research Based Education System」を推進するリバネスが事務局となって運営。研究をベースとすることで、教育の中へ大学や企業の知・技術が入ってくることが可能となり、中学高等学校だけでなく大学や企業まで巻き込むことが、次世代の理系研究人材育成へとつながるのだという。

 サイエンス・キャッスルでは、探求活動を中心とする中高生の科学に資する活動の発表を受け付けている。なお発表は口頭発表、ポスター発表の2形態より選択できる。

 また昨年同様、特別イベントや企画なども予定。先生の新しい探究活動のネタを探す場、中高生・教員の情報交換の場としても活用してもらいたいとし、当日見学者も募集している。

◆サイエンス・キャッスル
・東京
日時:12月21日(土)10:00~17:00
会場:すみだ産業会館(錦糸町駅)
・大阪
日時:12月23日(月・祝)10:00~17:00
会場:追手門学院 大阪城スクエア(大阪・天満橋)

対象:中学生・高校生
応募方法:ホームページ、メールまたはFAX
発表校応募締切:1次 7月31日(水)、2次 10月31日(木)
※1次締切、2次締切の順に優先して発表校を受け付ける
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)