国立大工学系学部長が集結「工学フォーラム 2013」、発表高校募集

教育・受験 学習

工学フォーラム 2013
  • 工学フォーラム 2013
  • 工学フォーラム 2013 口頭・ポスター発表校募集
 読売新聞社と国立大学53工学系学部長会議は、「工学フォーラム 2013」を10月19日、石川県文教会館で開催。高等学校・高等専門学校を対象に、口頭・ポスターによる研究発表への参加校を募集する。

 「工学フォーラム」は、「工学」の魅力を幅広い世代に伝えるイベントとして、2008年より開催。今年度は、アールティ代表取締役の中川友紀子氏による特別講演「バーチャルからリアルへ ITからロボットへの挑戦」や、国立大学53工学系学部の研究事例の紹介を通じ、工学について学部長が議論を行うパネルディスカッションを開催する。

 また、昨年度より理科に関心のある高校生・高等専門学校生が日頃の研究成果を発表するプログラムを新設。今回、口頭発表5チーム、ポスター発表15チーム、計20チームを募集する。参加希望校は発表テーマや研究内容など、必要事項を記入のうえ、メールで応募する。応募締め切りは9月6日。

◆工学フォーラム 2013 口頭・ポスター発表校募集
日時:10月19日(土)11:30~18:20
会場:石川県文教会館(石川県金沢市)
対象:全国の高等学校・高等専門学校生(3年生まで)
※学校単位での応募
募集校数:口頭発表5チーム、ポスター発表15チーム
応募テーマ:高校生が考える豊かな生活を目指す理科研究
締切:9月6日(金)
結果発表:9月中旬に事務局から連絡
参加費:無料
※交通費として1チームにつき3万円を上限として補助
応募方法:メール
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)