子ども運転体験コースを新設、トヨタがテーマ施設「MEGA WEB」リニューアル

生活・健康 交通・クルマ

新設される「屋内走行体験ゾーン」
  • 新設される「屋内走行体験ゾーン」
  • 車のテーマパーク「MEGA WEB(メガウェブ)」
 トヨタ自動車は8月27日、東京臨海副都心にある車のテーマパーク「MEGA WEB(メガウェブ)」をリニューアルすると発表した。子どもが運転を体験できる屋内コースなどを新設する。9月1日から10月末まで一部休館し、11月初旬のオープンを予定している。

 MEGA WEBは、「見て、乗って、感じる」車のテーマ施設として1999年3月にオープン。トヨタ乗用車の展示や試乗、レーシングカーの試乗体験、日米欧のヒストリーカーの展示などを楽しむことができ、2012年9月には累計来場者数が8,000万人に達している。

 今回のリニューアルでは、子どもや外国人など幅広い層に「クルマ文化の情報受発信」機能を高めることを狙い、「屋内走行体験ゾーン」「グローバル・ディスカバリーゾーン」「waku-doki(ワクドキ)ゾーン」を新設する。

 「屋内走行体験ゾーン」は、全長約230mの屋内コース。免許を持たない子どもでも、運転する楽しさを体験し、交通ルールを学ぶことができる。車両は、トヨタが「東京おもちゃショー2012」などに出品した「Camatte(カマッテ)」など、幅広い年代に合わせて用意するという。

 「グローバル・ディスカバリーゾーン」は、「安全・環境技術」「スマートモビリティ社会」など、車にかかわるトヨタのグローバルな取組みや将来技術について、楽しく遊びながら体感、発見する場。海外でしか販売していないトヨタ車の展示も行う。

 「waku-dokiゾーン」は、「クルマを持つ」「クルマで走る」「クルマを語り合う」という楽しさを気軽に体感するための場。サーキットや自宅ガレージをイメージした空間にGAZOO Racing車両やトヨタ86を展示するとともに、シュミレーターを活用して走る楽しさを体験する。カフェスペースも設置する。

このほか、試乗コース「ライドワン」は、中央部(乗降場付近)を拡張して広場化し、試乗や走行を伴う車のイベント開催時により安全で迫力ある走行を可能にする。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)