日本地学オリンピック参加者募集11/5まで…優秀者は国際大会へ

 地学オリンピック日本委員会は9月2日より11月5日まで、第8回国際地学オリンピックアメリカ大会に向けた予選大会「第6回日本地学オリンピック」の参加者を募集している。参加資格は中学生と高校生。参加費は無料。

教育・受験 学習
第6回日本地学オリンピック
  • 第6回日本地学オリンピック
  • 地学オリンピック日本委員会のホームページ
 地学オリンピック日本委員会は9月2日より11月5日まで、第8回国際地学オリンピックアメリカ大会に向けた予選大会「第6回日本地学オリンピック」の参加者を募集している。参加資格は中学生と高校生。参加費は無料。

 第6回日本地学オリンピックは、中高校生が地学の知識や思考力を競い合う大会。2014年に開催する第8回国際地学オリンピックアメリカ大会の代表選考を兼ねている。そのため、本選(国内二次選抜)に進めるのは中学3年生~高校2年生に限る。

 予選(国内一次選抜)は、12月15日(日)に開催し、成績優秀者のうち中学3年生~高校2年生の60名を本選参加者として選抜。本選(国内二次選抜)は3月23日(日)~25日(火)に合宿研修を兼ねた「グランプリ地球にわくわく」として開催する。予選と本選の合計点より成績優秀者10名を選出し、代表最終選抜を2014年5月10日(土)~11日(日)に開催予定。最終選抜された日本代表選手4名が国際大会に出場できる。

 応募は、ウェブまたは郵送にて申し込む。どちらの応募方法でも、個人申込みまたは学校ごとの団体申込みが選べる。

 成績優秀者はAO入試(広島大学、筑波大学、東北大学、大阪大学、東京工業大学、北海道大学等)の出願資格が得られる。

 国際地学オリンピック大会は、単に知識を競い合うだけではなく、国際混合チームによる野外共同作業(国際協力野外調査)を行ない、地元高校生との交流会を通して世界各国の若人との友情を育む機会となっている。なお、2016年に開かれる「第10回国際地学オリンピック大会」は三重県内で開催される予定。日本で初開催となる。

◆第6回日本地学オリンピック予選
日時:2013年12月15日(日)13:00-15:30
募集期間:2013年9月2日(月)~11月15日(金)
参加費:無料
参加資格:中学生・高校生
試験範囲:高等学校「地学基礎」に準拠、一部発展的な内容をマークシート方式の筆記試験で実施
応募方法:ウェブエントリーまたは郵送
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)