中高生に人気の文房具とそのこだわりは?Benesse調査

 ベネッセ教育情報サイトでは、中学1年生から高校3年生の保護者を対象に、子どもの持っている文房具やこだわり、トレンドなどについてアンケートを実施した。調査期間は2013年6月19日~6月25日、1,978名の回答を得た。

教育・受験 学習
筆入れに入っているものは?
  • 筆入れに入っているものは?
  • 次の文房具をお子さまは持っていますか?
  • お子さまは、自分の使う文房具にこだわりがあるようですか?
  • Benesse教育情報サイト
 ベネッセ教育情報サイトでは、中学1年生から高校3年生の保護者を対象に、子どもの持っている文房具やこだわり、トレンドなどについてアンケートを実施した。調査期間は2013年6月19日~6月25日、1,978名の回答を得た。

 はじめに、筆入れに入っているものを聞いたところ、必須アイテムの消しゴムやシャープペン・替え芯は97~98%。続いて多かったのが、ノートにメリハリをつけて書くための蛍光ペン・ラインマーカー、定規で8割だった。ペン類の本数が多い人も多数いた。

 クラスで人気の文房具については、低重心で手への負担が少なく、常に芯をとがったままで使えるシャープペンシル「クルトガ」の人気が高く、「持っている」が73.4%ともっとも多かった。そのほか、きれいに書けると評判の「キャンパスノート(ドット入り罫線)」、消せるボールペン「フリクション」など、機能的な最近のヒット商品も多くの中高生が使っているようだ。

 子どもが、使う文房具にこだわりがあるかを聞くと、「ある」との回答が62%に上った。具体的には、お気に入りのメーカーのボールペンやノート、同じ太さのシャープペンシルの芯を使い続けているなど、見た目よりも使いやすさを重視しているようだ。

 また、多くの中高生がたくさんのペンを持ち歩いて書き分けたり、教科によってノートの色を分けたりと、使いやすく気に入った文房具で工夫して学習し、学習意欲や成績の向上をめざしていることもわかった。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)