東大は順位を2つ下げて32位、QSが世界大学ランキング2013を公開

 世界大学評価機関のQuacquarelli Symonds(QS)は、2013年の世界大学ランキングを発表、ホームページ上で公開している。1位は2年連続でマサチューセッツ工科大学(MIT)、2位には昨年3位だったハーバード大学が入った。

教育・受験 学校・塾・予備校
世界のトップ10、QS世界大学ランキング
  • 世界のトップ10、QS世界大学ランキング
  • アジア・日本の大学、QS世界大学ランキング
 世界大学評価機関のQuacquarelli Symonds(QS)は、2013年の世界大学ランキングを発表、ホームページ上で公開した。1位は、2年連続でマサチューセッツ工科大学(MIT)、2位には昨年3位だったハーバード大学が入った。

 アジアの大学でもっとも評価が高かったのは、24位のシンガポール国立大学、前年に比べ1つ順位を上げた。続いて26位に香港大学、32位に東京大学、34位に香港科技大学、35位に京都大学という結果になった。

 国内の大学で、トップ50校に入ったのは東大と京大の2校のみ。東大は、前年に比べ2つ順位を下げたが、京大は去年同様の35位。総合得点を比較すると、東大が100点満点中85.7点だったのに対し京大は84.1点と差は1.6点まで縮まった。

 京大は、前年評価の低かった評価項目「外国人教員数」と「留学生数」の点数が上がり、総合点も前年に比べ0.83点上がった。東京大学が引き続き順位を下げるようであれば、世界大学ランキングにおいて京大が東大を上回ることもあるだろう。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)