認知度高まる「ハイブリッド商品」、コーヒーにも新商品

生活・健康

「ハイブリッド商品」の言葉の意味を知っているか(全体)
  • 「ハイブリッド商品」の言葉の意味を知っているか(全体)
  • 「ハイブリッド商品」の言葉の意味を知っているか(既婚者)
  • 「ハイブリッド商品」を購入・利用してみたいか
  • 「ハイブリッドコーヒー」を試してしてみたいか
 複数の異なる機能や要素を1つの商品やサービスにまとめることで、商品の質や消費者の利便性を向上する「ハイブリッド商品」。ハイブリッドカーが代表的だが、家電製品、住宅、食品などにも展開され、認知度が高まっているという。

 味の素ゼネラルフーヅ(AGF)が10月4日から7日までの3日間実施したインターネット調査によると、「ハイブリッド商品」という言葉の意味を知っていると回答した人が79%、既婚者に限定すると83%となった。ハイブリッド商品を購入・利用してみたいかどうかの問いに対しては、87%の回答者が購入・利用してみたいと答え、消費者の注目度も高いようだ。

 ハイブリッド商品に対する注目度も踏まえ、AGFは、新たに「マキシム トップグレード ハイブリッド」を商品化。インスタントとレギュラーコーヒーの特長を組み合わせ、時間をかけずにレギュラーコーヒーの味が楽しむことができるという。

 同調査によると、回答者の81%がハイブリッドコーヒーを「試してみたいと思う」と答え、コーヒーのハイブリッド商品も注目度が高いようだ。また、AGFは、10月11日より榎木孝明が出演するハイブリッドコーヒーのテレビCMを開始する。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)