小学生対象「第6回こども環境大賞」地球環境保護をテーマにした作品募集

教育・受験 学習

第6回こども環境大賞 ホームページ
  • 第6回こども環境大賞 ホームページ
  • 大賞・優秀賞に贈られる「西表島エコ体験ツアー」
  • 第5回大賞・高学年の部(作文)
  • 第5回大賞・低学年の部(絵画)
 朝日新聞社と東京海上日動は、「第6回こども環境大賞」を開催するにあたり、地球環境保護をテーマにした作文・絵画・自由研究の作品を募集する。対象は全国の小学生。募集期間は2014年1月31日まで。

 同コンクールは、次世代を担う子どもたちが、地球環境について興味を持ち考えるきっかけにしてもらうことを願って開催されるもの。朝日新聞社と東京海上日動の共催で2008年度から始め、今回が6回目となる。

 募集内容は、「作文」「絵画」「自由研究」の3部門で、各部門ごとに決められたテーマから1つ選んで応募する。「作文」・「絵画」部門は、「私が取り組んでいるエコ活動」「大切にしたいわたしたちの自然」「20年後のわたしたちの暮らし」の3テーマ。「自由研究」部門は、「いきものや自然を観察し、地球環境を守るアイデアを考えよう」「地球環境保護に役立つ新製品や、社会のしくみを考えよう」の2テーマ。

 大賞・優秀賞の入賞者は、「西表島エコ体験ツアー」に親子で招待されるという。また、その他の入賞者にも勉強や実験に役立つ賞品や図書カードなどが用意されているほか、応募者全員に参加賞がある。

 募集対象は全国の小学生。クラス単位、学校単位での団体応募も可。応募方法は、作品と応募用紙を郵送。入賞発表は、2014年3月末に朝日新聞・朝日小学生新聞の紙面および「こども環境大賞」ホームページにて行う予定。

 なお、「こども環境大賞」ホームページでは、第5回の入賞作品を見ることができる。

◆第6回こども環境大賞
募集対象:全国の小学校および特別支援学校小学部の児童
(クラス単位・学校単位の応募可、その場合団体賞の対象にもなる)
募集内容:地球環境保護のためにできること(各部門で決められている作品テーマより1つ選んで応募)
「作文」部門/原稿用紙で400字以上1,200字以内
「絵画」部門/最大4つ切りサイズまでの画用紙、画材自由、原稿用紙に絵の説明を約100字で明記
「自由研究」部門/文字数・ページ数・書式は自由、模型などの立体物は不可(簡単なイラストや写真にして貼ること)
応募方法:ホームページよりダウンロードした応募用紙と作品を事務局へ郵送
募集期間:2014年1月31日(金)まで
入賞発表:2014年3月末
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)