【高校受験2014】愛知県立高校の募集定員、全日制で前年度比880人増

教育・受験 受験

全日制課程募集人員・募集学級数
  • 全日制課程募集人員・募集学級数
  • 全日制普通科尾張第1群定員
  • 全日制普通科尾張第2群定員
  • 全日制普通科三河第1群定員
  • 全日制普通科三河第2群定員
  • 全日制専門学科Aグループ定員
  • 全日制専門学科Bグループ定員
  • 全日制総合学科定員
 愛知県教育委員会は11月8日、平成26(2014)年度県立高校の募集定員等を発表した。県内中学校の卒業予定者が増加することなどから、県立高校については前年度より880人多い41,600人を募集する。

 募集定員は、県内中学校の卒業予定者が前年度比1,508人増の74,440人となることから、計画進学率を93%、公私受入比率を従来通り国公立2対私立1と設定し、決定した。全体では国公立で46,176人、私立で23,054人の合計69,230人を募集する。

 県立高校全日制課程は、次の26校でそれぞれ40人ずつ定員増となる。昭和、名古屋西、熱田、瀬戸西、春日井、春日井東、旭野、犬山、江南、小牧、津島、美和、半田東、大府、阿久比、豊田西、衣台、豊田、岡崎、刈谷、刈谷北、安城東、豊橋東(以上普通科)、佐屋(生活文化)、猿投農林(農業)、岡崎工業(電気)。

 また、豊明と一宮興道、成章、新城東の4校では40人ずつ定員減となり、全体で差引880人(22学級)の定員増加となる。22学級増の学科別内訳は、普通科19学級増、専門学科3学級増(農業科、工業科、家庭科各1学級増)。

 なお、新城高等学校農業科の園芸科学科、生物生産科、環境デザイン科(農業に関する学科)では、平成26年度から3学科の募集人員を一括して募集する。

 定時制課程は、愛知工業(ものづくり)が電子機械科と建築科を統合して「ものづくり科」1学級に改編したことから40人減、半田商業(商業)が40人増で、合計では前年度と同じく1,720人募集する。通信制課程は640人、専攻科は40人募集となり、前年度と同数。

 全日制(一般入学)学力検査の実施日については、A・Bグループの先後を入れ替えて、Bグループを先の3月10日(月)に、Aグループを後の3月13日(木)に実施する。面接および特別検査はBグループが3月11日(火)、Aグループが3月14日(金)、合格発表は3月19日(水)。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)