仙台の小中高生が起業、11/16赤坂ヒルズマルシェに出店

教育・受験 その他

小中高生が作るオリジナルPOP
  • 小中高生が作るオリジナルPOP
  • 起業について講義
  • お店で扱う商品を決める議論
  • 放課後NPOアフタースクール
 放課後NPOアフタースクールは、仙台の小中高生による起業、出店プロジェクト「復興アントレプレナー」の最終企画として11月16日、赤坂アークヒルズで開催されるヒルズマルシェに3店舗を出店し、生鮮品や雑貨などを販売する。

 放課後NPOアフタースクールは、「社会で子どもを育てる」をコンセプトに、地域の市民先生による放課後プログラムを開催するNPO団体。放課後にパティシエのお菓子づくりや音楽家との演奏など、「テレビゲームより面白く、学習塾より学びのある放課後」をテーマに多彩なプログラムを展開している。

 今回の「ヒルズマルシェinアークヒルズ×復興アントレプレナー」は、バークレイズ証券の全面的支援と、仙台のNPOアスイクとのコラボレーションにより、仙台の小学校6年生から高校生20名により小売業を起業するという企画「復興アントレプレナー」の一環として実施されるもの。

 最終目的である赤坂アークヒルズのヒルズマルシェでの出店に向け、2013年10月からこれまで、子どもたちが、資金調達から商品の仕入れ、看板づくりなど、さまざまな準備を行ってきた。

 当日は各チームが「元気に接客」「笑顔あふれるお店」「元気に楽しく」というコンセプトで、生鮮品や魅力ある仙台の商品を販売する。

◆ヒルズマルシェinアークヒルズ×復興アントレプレナー
日時:11月16日(土)10:00~14:00(雨天決行)
場所:赤坂アークヒルズ カラヤン広場(東京都港区)
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)