速読甲子園2017、2万人の頂点に立つ「天才キッズ」決定

 日本速脳速読協会(SRJ)は、「速く、正確に読み解く」速読No.1を決める大会「速読甲子園2017」結果を発表した。団体戦優勝は北海道の「個別指導Q」。個人戦は小中高の学年ごとに1名ずつ選出されている。

教育・受験 その他
日本速脳速読協会「速読甲子園」
  • 日本速脳速読協会「速読甲子園」
  • 日本速脳速読協会 第13回速読甲子園
 日本速脳速読協会(SRJ)は、「速く、正確に読み解く」速読No.1を決める大会「速読甲子園2017」結果を発表した。団体戦優勝は北海道の「個別指導Q」。個人戦は小中高の学年ごとに1名ずつ選出されている。

 速読甲子園とは、SRJが開催する「速読力」を競う全国的な大会。普段のトレーニングの中でより速読力を高め、今後のトレーニングや継続への意欲を向上させることがねらい。競技形式は団体戦と個人戦の2つ。情報処理スピードを競う所定の種目に毎月それぞれの受講生がチャレンジし、計3種目の教室ごとの合計ポイントで競い合う団体戦と、学年別に出題される長文と短文の文章問題を解き、読解力のポイントを競う個人戦が設けられている。

 団体戦では、北海道の「個別指導Q」が2016年2位から上昇し、首位に立った。個人戦では、全国約2万名の受講生同士がライバルとなり、学年ごとに速読・速解力を競い合い。小中高それぞれ、学年ごとの1位を決定した。11月5日には、日経ホールで速読甲子園2017の表彰式を開催予定。SRJは、「当日は速読の“天才キッズ”が全国各地から大集合」すると述べている。

◆速読甲子園2017
<団体戦>
優勝 個別指導Q(北海道)
2位 まうまうPALSCHOOL(兵庫)
3位 EduPark広島駅前本校(広島)

<個人戦>
小学生部門優勝者
小1 出合佑衣さん(兵庫)
小2 緑川秋花さん(福島)
小3 高橋航世さん(高知)※名字の高ははしご高
小4 坂本恋羽さん(高知)
小5 小林由尭さん(北海道)
小6 児島舞香さん(兵庫)

中学生部門優勝者
中1 砂川風子さん(沖縄)
中2 林開基さん(広島)
中3 池村竜誠さん(沖縄)

高校生部門優勝者
高1 佐藤玖紀さん(北海道)
高2 中園みゆさん(千葉)
高3 松下昇平さん(兵庫)

社会人部門優勝者
吉村香澄さん(北海道)
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)