【高校受験2014】北海道立高校の募集定員… 21校で840人減

教育・受験 受験

北海道立高校の募集定員(一部)
  • 北海道立高校の募集定員(一部)
  • 北海道教育委員会
 北海道教育委員会は11月26日、平成26(2014)年度の北海道立高校の学校別・学科別募集定員を発表した。高校配置計画に基づき、募集定員は前年度と比べ、全日制18校で720人減、定時制3校で120人減の計3万3,800人となる。

 全日制で定員減となるのは、夕張、栗山、南幌、芦別、野幌、大麻、千歳北陽、恵庭北、小樽潮陵、苫小牧東、函館稜北、熊石、洞爺(町立)、森、士別翔雲、佐呂間、斜里、白糠の18校でそれぞれ40人減らす。なお、熊石と洞爺(生活ビジネス科)は募集停止となる。

 定時制で定員減となるのは、札幌北、函館中部でそれぞれ40人減らす。旭川工業は建築科と土木科が統合して建築土木科となり、80人から40人に減らす。

 なお、定員を増やす学校はない。

 入試の日程について、願書受付は1月21日(火)~24日(金)、志願変更の受付は1月29日(水)~2月4日(火)、推薦入試の面接は2月13日(木)、学力検査は3月5日(水)、合格発表は3月17日(月)に行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)