ベネッセ、iPad用小中学生向け電子書籍ストア「ブクフレ本」をスタート

教育ICT ソフト・アプリ

オリジナル電子書籍ストア「ブクフレストア」
  • オリジナル電子書籍ストア「ブクフレストア」
  • オリジナル気持ちボタンつきビューワ
  • 「読みトモ」ネットワーク
  • 「タイムライン」+「フレーフレー!ボタン 」
 ベネッセは、小学校高学年から中学生を対象とした電子書籍ストア「ブクフレ本」を12月16日より開始、子どもたちが安心安全な環境で読書を楽しめる環境を整えた。同時に、読書に関するSNSサービス「ブクフレWeb」も提供を開始する。

 「ブクフレ本」は、無料のiPad用アプリで利用できる小中学生向け書籍専門の電子書籍ストア。「親子モード」を用意し、保護者が子どもに表示する本をあらかじめ選ぶことができるほか、子どもの購入リクエストを保護者が確認・承認した上で書籍を購入することもできる。

 さらに「ブクフレ本」で購入した電子書籍を読むための「専用ビューワー」では、本を読みながら、ページ毎に自分の気持ちをマークで登録する機能を搭載し、読書を深めることをサポートする。

 「ブクフレ本」は今回、出版社4社が提供する250タイトルでスタート。2014年度内には、出版社10社の参加と約2,000タイトルの提供を目指していくという。

 また、読書の体験についてコミュニケーションができるSNSサービス「ブクフレWeb」の同時に公開。利用者が自身の読んだ本やその感想をサイト上に記載する機能や、読書の好みが近い友達を見つけてフォローする機能などを搭載し、読書や本に関するコミュニケーションの場を提供する。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)