百度の日本語入力ソフト「Baidu IME」が入力情報を無断で送信

デジタル生活 ソフト・アプリ

検証解析環境
  • 検証解析環境
  • Baidu IME
  • Simeji
 中国の検索大手「百度(バイドゥ)」製の日本語入力ソフトが入力情報を無断で送信していたことが、ネットエージェントの調査で明らかになった。解析の結果、日本語入力の文字列を暗号化して送信していたという。

 百度製の無料の日本語入力ソフト「Baidu IME」(パソコン用)と「Simeji」(Android用)を使用すると、入力した文字情報が、百度のサーバーに送信されることが判明した。ネットエージェントが解析した結果、日本語入力の文字列を暗号化して送信していることがわかった。全角入力の場合のみ情報が送信されており、パスワードなど半角入力のみの場合は送信されていないという。つまり、クレジットカード番号や電話番号は、半角入力のままでは送信されない。

 「Baidu IME」は、百度が開発した日本語入力システム。2009年にベータ版が公開され、2010年に正式版が公開された。パソコン用(Windows XP/Vista/7/8)のほか、スマートフォン用(Android)として「Simeji」が無料で提供されている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)