子・孫に勤めてほしい企業ランキング、1位は「トヨタ」

生活・健康 その他

お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業ランキング
  • お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業ランキング
  • 重視するイメージ
 親世代が子どもや孫に勤めてほしい企業の1位はトヨタであることが、与信管理会社ASPクラウドサービスを提供しているリスクモンスターが2013年12月27日に発表した「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査より明らかになった。

 同調査は、未成年の子どもや孫を持つ20歳~69歳400人を対象に実施。調査対象企業は、年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社を抽出。調査期間は2013年10月26日~27日。今回は、子、孫別調査結果および男女別、父・祖父、母・祖母別に調査しており、それぞれの思考傾向が結果にあらわれている。

 子どもに勤めて欲しい企業、孫に勤めてほしい企業ともに、1位「トヨタ自動車」12.3%、2位「全日本空輸(ANA)」8.3%、3位「本田技研工業」6.8%となり、いずれの集計においてもこの3者がダントツの人気を博している。4位以下は世代による変化があらわれ、子には楽天、グーグル、アマゾンといったITと流通の企業が、孫に対するものは、サントリー、日本放送協会、三井物産などの歴史のある企業が選ばれた。上位14社がすべて前年度もランクインしていることから、安定がキーワードとなる結果となっている。

 男女別に見てみると、男子に求める企業は、1位「トヨタ自動車」、2位「本田技研工業」、3位「全日本空輸」、女子に求める企業は、1位「全日本空輸」、2位「トヨタ自動車」、3位「日本航空」となっている。女子については、親や祖父母世代の企業イメージが影響していると考えられる。

 父や祖父では、全日本空輸やJR東日本など、交通インフラ系の業種が選出される傾向があり、事業基盤の高さや安全性が評価されていると考えられる。一方、母や祖母では、生活に密着している企業が選出される傾向があり、タニタや味の素、楽天が選ばれている。

 結婚相手に求める企業イメージについては、「安定している」「将来性がある」「給料が良い」などが選択され、勤務環境に関するイメージ、特に地域環境に関するものは重視されにくい結果となった。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)