就職調査に関するニュースまとめ一覧

2023年卒学生「就職人気ランキング」4年連続トップは? 画像
教育・受験

2023年卒学生「就職人気ランキング」4年連続トップは?

 学情は2021年11月24日、2023年卒学生(2023年卒業予定の大学3年生、大学院1年生8,249人)対象の「就職人気企業ランキング」を発表した。ランキングトップは4年連続で伊藤忠商事。2位に講談社、3位に集英社が続く。

就職活動の重視項目は「リモート勤務や残業時間」就活調査  画像
生活・健康

就職活動の重視項目は「リモート勤務や残業時間」就活調査 

 年間1,500回以上の企業と就活生をマッチングするイベントを行うDYMは、2021年6月25日~2021年9月2日に都内で開催した新卒採用に関する企画「Meets Company(ミーツカンパニー)」で参加した就活生380名にアンケートを実施した。

理系学生の6割「キャリアの模倣となる人が身近にいない」 画像
教育・受験

理系学生の6割「キャリアの模倣となる人が身近にいない」

 ビズリーチ・キャンパスが2023年卒・修了予定の理系学部の大学生・大学院生を対象に「就職活動や卒業後のキャリアに関する調査」をしたところ、6割が「キャリアのロールモデルとなる社会人が身近にいない」と回答した。

22年卒者の内定率「前年度より高まっている」26%…ディスコ調べ 画像
教育・受験

22年卒者の内定率「前年度より高まっている」26%…ディスコ調べ

 2022年卒者の就職活動状況について、2021年9月時点での内定状況が前年度と比べて「高まっている」と回答した大学が26.6%にのぼることが、ディスコの調査結果より明らかになった。コロナ禍の影響で急速に低下した内定状況に改善の兆しがみられる。

就職活動結果への納得感、自己効力感と相関 画像
教育・受験

就職活動結果への納得感、自己効力感と相関

 自己効力感が高い人ほど、就職活動結果への納得感が高いことが、リンクアンドモチベーションの研究機関であるモチベーションエンジニアリング研究所が2021年11月9日に発表した調査結果より明らかとなった。

就職ブランドランキング、上位2社は商社 画像
教育・受験

就職ブランドランキング、上位2社は商社

 2023年卒業予定の学生を対象とした就職ブランドランキング調査は、1位「三菱商事」、2位「伊藤忠商事」、3位「日本生命保険」であることが、文化放送キャリアパートナーズの調査結果より明らかになった。

就職内定率、10/1時点で92.4%…コロナ禍以前と同水準 画像
教育・受験

就職内定率、10/1時点で92.4%…コロナ禍以前と同水準

 10月1日時点の大学生の就職内定率は92.4%と、コロナ禍以前の2020年卒と同水準になったことが、就職みらい研究所が2021年10月12日に発表した調査結果より明らかになった。

大学3年生の9割「不安がある」と回答…就活調査 画像
教育・受験

大学3年生の9割「不安がある」と回答…就活調査

 ディスコは2021年9月21日~29日、2023年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象とした、就職活動に関する調査を行なった。回答者数は1,101人で、うち、文系男子386人、文系女子322人、理系男子252人、理系女子141人であった。

東大生の就職先、院生1位「ソニー」学部生は? 画像
教育・受験

東大生の就職先、院生1位「ソニー」学部生は?

 東大入試・受験対策情報を発信する河合塾の合格応援サイト「東大塾」は2021年10月15日、「東大生の就職状況2020年度」を発表した。学部生は楽天が前年度9位から今回1位となった。

高校生のなりたい職業「教員」「公務員」トップ2…LINEリサーチ 画像
生活・健康

高校生のなりたい職業「教員」「公務員」トップ2…LINEリサーチ

 LINEリサーチは日本全国の高校1年生~3年生の男女を対象に、将来なりたい職業や働く企業を選ぶ際に重視しそうなこと等について調査を実施。高校生のなりたい職業は、1位「教師・教員・大学教授」、2位「国家公務員・地方公務員」、3位「看護師」となった。

大学生の就職活動費用は平均7万2,034円、コロナ前の4割減 画像
教育・受験

大学生の就職活動費用は平均7万2,034円、コロナ前の4割減

 2022年卒大学生・大学院生の就職活動費用は平均7万2,034円で、コロナ禍前と比べて約4割減少していることが2021年9月7日、就職みらい研究所の調査結果からわかった。その一方、オンライン活用による費用負担の減少により、説明会や面接の参加社数は増加している。

夏インターン、平均6.35社に申込…学生調査 画像
教育・受験

夏インターン、平均6.35社に申込…学生調査

 学生就業支援センターは、学生調査「夏インターンシップ申し込み状況調査」の結果を発表した。7月上旬の段階で90.0%の学生がインターンシップへ申し込み、申込企業数は学生1人あたり平均6.35社にのぼることがわかった。

就活の採用動画視聴、7割が志望度UP 画像
教育・受験

就活の採用動画視聴、7割が志望度UP

 就職活動時の採用動画視聴により、志望度が上昇した大学生は73%にのぼることが、プルークスが2021年8月23日に発表した調査結果より明らかになった。

就職みらい研究所、説明会後にエントリーしない理由とは? 画像
生活・健康

就職みらい研究所、説明会後にエントリーしない理由とは?

 リクルートの研究機関「就職みらい研究所」は、学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施した。学生が説明会参加後にエントリーしない理由は、実施形式よりも仕事内容や興味、雰囲気が伝わるかがカギであることがわかった。

Web活用で「他エリアから応募者増」4割…企業採用活動調査 画像
教育・受験

Web活用で「他エリアから応募者増」4割…企業採用活動調査

 マイナビは2021年8月17日、「2022年卒企業採用活動調査」を発表した。全国の企業3,440社対象に実施し、2022年卒の採用予定数は「前年並み」が64.5%で最多。また、Webを活用したことで「他エリアからの応募者が増えた」割合は37.7%だった。

23年卒就活生の過半数が「SDGs」を意識、ジェンダー平等に好感 画像
教育・受験

23年卒就活生の過半数が「SDGs」を意識、ジェンダー平等に好感

 2023年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象とした調査で、普段の生活の中で「SDGs」を意識している学生は半数を超えることが明らかになった。9割以上の学生が「SDGs」に取り組む企業に好感をもち、特に「ジェンダーの平等」への関心が高かった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 35
page top