小学校の英語必修化、87%の母親が賛成

教育・受験 学習

小学校の英語必修化に対する賛否
  • 小学校の英語必修化に対する賛否
  • 英語教育を始めた時の子どもの年齢
  • 耳から学ぶことで、子どもに効果的に英語を学ばせることができると思うか
 未就学児の母親の87%が「小学校の英語必修化」に賛成していることが、トレンド総研が1月9日に発表した調査結果より明らかになった。

 同調査は未就学児の母親(20代~40代)500名を対象に、子どもの英語教育に対する母親の意識を探るため、インターネット調査を実施。調査期間は2013年12月5 日(木)~12月9日(月)。

 小学校の英語必修化について、「賛成派」は87%で、「反対派」の13%を大きく上回った。賛成の理由として「これから英語はもっと重要になってくるし、子どもの世界も広がると思うので」(滋賀県・27歳)や「苦手意識を持つ前に英語に触れる方が良い。小さい方が頭も柔軟」(千葉県・34歳)などの意見があった。一方、反対の理由として「学習方法が問題。時間をかければ良いというものではないと思う」(東京都・34歳)や「英語をやるなら早くからやった方が良いとは思うが、子どもたちの負担が心配」(福岡県・31歳)などの意見があった。

 英語教育を始めた時の子どもの年齢は、「1歳」35%、「2歳」10%、「3歳」7%と52%が3歳までに始めている。一方、「まだ始めていない」は42%だった。そこで、幼少期から英語に触れることは、重要だと思うか尋ねたところ、89%の母親が「重要だと思う」と回答した。

 幼少期の英語教育に重要だと思うことを複数回答形式で尋ねたところ、1位「英語の歌を聞かせる」62%、2位「外国人と話す機会を作る」62%、3位「英会話を聞かせる」53%と、いずれも「英語を聞く」ことであった。

 「幼少期にこそ『えいご耳』を鍛える必要がある」と感じている母親は76%を占め、さらに97%の母親が「耳から学ぶことで、子どもに効果的に英語を学ばせることができると思う」と回答した。

 言語脳科学者である東京大学の酒井邦嘉教授は、「『えいご耳』を鍛えるために、繰り返し英語を聞かせることで、子どもたちは自然と英語の韻律を学ぶことができる」と指摘している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)