【中学受験2014】麻布中2/1の入試当日の様子と今年の出題

教育・受験 受験

麻布学園
  • 麻布学園
  • 2014年度入試当日の様子(一部)
 麻布中学校は、「中学入試関係のページ」において、2月1日中学入試の様子を写真で紹介している。

 朝、受験生が登校するシーンからは、両脇にプランターが置かれた校門前の通りに多くの塾関係者が応援に訪れ、受験生と握手している様子が見てとれる。また多くのマスク姿も目立つ。今年は入試が土曜日に行われたため、例年以上に父親の姿も多かったのではないだろうか。

 その後、中庭を抜けて受験教室に向かう様子、昼休みから保護者と合流して校門を後にする様子までが紹介されている。お弁当は教室で食べる受験生、体育館で友達と輪を作って食べる受験生と様々。来年以降の受験生の参考になりそうだ。このほか、2013年の受験日当日や合格発表時の写真も見ることができる。

 麻布中学校は例年通り2月1日に入試を実施し、3日の午後3時から午後5時頃まで中庭で合格発表を行う。

 昨年は、理科で出題された「ドラえもん問題」(「ドラえもん」がすぐれた技術で作られていても、生物として認められることはありません。それはなぜですか)が話題となったが、今年はこうしたユニークな出題はなかったようだ。麻布の2014年度入試問題と解答は、四谷大塚やインターエデュ・ドットコムの解答速報ページで見ることができる。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)