【高校受験2014】神奈川県公立で志願者締切…最高倍率は横浜翠嵐2.23倍

リサーチ 教育

全日制の志願状況
  • 全日制の志願状況
  • 競争率の高い高校
  • 定時制の志願状況
 神奈川県は2月7日、平成26年度神奈川県公立高等学校一般募集共通選抜、特別募集、中途退学者募集および別科志願者数(志願変更締切時)集計結果を発表した。学力検査は2月14日に実施される。

 全日制で志願変更したのは2,817人で、志願変更時締切までに志願を取り消した者は29人だった。平均競争率は1.2倍で、昨年度と比べて0.01ポイント上がった。定時制で志願変更した者は120人で、志願を取り消した者は1人。平均競争率は0.9倍で、昨年度より0.06ポイント下がった。

 競争率が高かったのは、全日制で県立横浜翠嵐高校(普通科)の2.23倍、横浜市立横浜商業高校(国際学科)の2.06倍、県立弥栄高校(単位制芸術家美術専攻)の2倍だった。定時制では、横浜市立横浜総合高校(単位総合学科II部)の1.77倍、県立相模向陽館(単位制普通科午前部)の1.67倍、同(単位制普通科午後部)の1.58倍になっている。

 一方で、募集人員に満たなかったのは全日制7校(県立6校、市立1校)で32人、定時制では20校(県立15校、市立5校)で698人、通信制では2校(県立2校)759人だった。

 神奈川県公立高校の学力検査は2月14日に実施され、合格者発表は27日に行われる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)