聖学院大、被災地の子どもケア第3集を発行…希望者に無料配布

生活・健康 健康

子どもの心にそっと寄り添う-被災地の子どものケア-第3集
  • 子どもの心にそっと寄り添う-被災地の子どものケア-第3集
  • 第1集
  • 第2集
  • 集まったアンケート
 聖学院大学の人間福祉学部こども心理学科は、東日本大震災を機に、2012年より毎年、家族や保育士、教師などの支援者に向けた小冊子「子どもの心にそっと寄り添う-被災地の子どものケア-」を制作。今回第3集を発行する。

 同大学人間福祉学部こども心理学科は、東日本大震災で傷ついた子どもの心のケアをできるような人を育てたいと、2012年4月に設立された。設立に先立ち、被災した子どもの心の支援を目的に、被災地でのニーズ調査を元に、支援者や家族向け小冊子「子どもの心にそっと寄り添う-被災地の子どものケア-」編集を発行した。

 震災から2年後の2013年には、変化したニーズに対応するため、第2集を制作。第1集の読者からのアンケートや体験談のほか、巻末には子どもに関する支援活動に取り組む団体リストも掲載している。

 今回発行する第3集は、臨床心理士で兵庫教育大学大学院教授の冨永良喜氏へのインタビューや、2014年4月より聖学院大学の次期学長に就任する姜尚中全学教授のメッセージ、被災地で子どもの教育支援やボランティアをしている団体の寄稿、被災地で子どもの心のケアをしている読者からの感想を掲載予定。2月20日頃完成予定する。

 第2集と第3集は、希望者に無料で送付する。希望者は名前、送付先住所、電話、目的、部数を記入の上、E-mailまたはFAXで申し込む。なお、第1集は現在配布は行っていないが、第1集の元となった書籍「被災者と支援者のための心のケア」は有料で購入できる。

◆子どもの心にそっと寄り添う-被災地の子どものケア-第3集
内容:
・冨永良喜氏インタビュー
・コラボ・スクールについて
・岩手県野田村・田野畑村の児童ボランティア
・読者の声
・絵本の紹介
・姜尚中氏メッセージ
・子どもの心のケアに役立つサイト 等
執筆者:冨永良喜(兵庫教育大学大学院教授・臨床心理士)、阿久戸光晴(学校法人聖学院理事長、聖学院大学学長代行)、姜尚中(聖学院大学全学教授、東京大学名誉教授、2014年4月より聖学院大学学長)、窪寺俊之(聖学院大学こども心理学科長、聖学院大学大学院教授)、NPOカタリバ/NPOコミュニティ活動支援センター
編者・発行:聖学院大学人間福祉学部 こども心理学科
発行日:2014年2月20日予定
判型:B6判ブックレット36ページ(予定)
申込み方法:メールまたはFAX、申込フォームより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)