早稲田大学、クォーター制を活かした国際教育プログラムを開始

教育・受験 学校・塾・予備校

Waseda Summer Session 2014(WEBサイト)
  • Waseda Summer Session 2014(WEBサイト)
  • Waseda Summer Session 2014(WEBサイト)
  • Waseda Summer Session 2014(WEBサイト)
  • Waseda Summer Session 2014(WEBサイト)
 早稲田大学は6月21日から7月17日の期間、外国大学の在学生や留学から帰国直後の早稲田大学学生等を対象とした国際教育プログラム「Waseda Summer Session 2014」を実施すると発表した。

 早稲田大学は創立150周年(2032年)に向けた中長期計画「Waseda Vision 150」の施策のひとつとして、2013年度から1年を4つの授業実施期間に分ける「クォーター制」を導入。本プログラムは、クォーター制を活かした本格的サマーコースを実施するための第一歩となる。

 プログラムでは、国内外から著名な教員を招聘し、4週間にわたり、政治、ビジネス、歴史、文化といった6コースを設定。履修者はその中から2コースを選ぶ。また来日する学生の日本理解を促進するために、日本語の集中プログラムや、課外活動として歴史的名所を巡る「Field Trips」、早稲田大学国際コミュニティセンター(ICC)主催による茶会や浴衣を体験できる「Japanese Festival」、学生同士が多角的な議論を行う「Visitor Sessions」など、多彩なプログラムを用意する。

 なお、外国大学からの参加者については、3月に中野駅近くに新設する国際学生寮「WISH(Waseda International Student House)」を活用する。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)