スマホで「かざして募金」、ソフトバンクが提供開始

デジタル生活 ソフト・アプリ

「かざして募金」ロゴ
  • 「かざして募金」ロゴ
  • 概要
  • サービスイメージ
  • 「かざして募金」参加団体名一覧(2014年3月5日現在)
  • 特徴
  • 「かざして募金」利用時の流れ
 ソフトバンクモバイルは3月5日、スマートフォンアプリケーションを利用した募金プラットフォーム「かざして募金」の提供を開始した。寄付したい団体のロゴや文字をスマホで読み取り、寄付金額を選択するだけで寄付できる仕組みを、日本で初めて提供する。

 「かざして募金」は、参加する非営利団体が登録したロゴ、文字、ポスターなどの画像をスマートフォンのアプリケーションで読み取り、各団体の募金サイトにアクセスし寄付ができるプラットフォーム。100円、500円、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円の、6つの設定金額から寄付金額を選択できる。ソフトバンクモバイルユーザーは、月々の携帯電話利用料金と一緒に支払うことができるため、その都度クレジットカード番号などは入力不要となる。

 参加を希望される非営利団体は、活動に関係するロゴ、文字、ポスターなどの画像を登録すると、基本料 税抜1,980円/月、使用料 税抜寄付金の1.8%で、スマートフォン利用者を対象とした幅広い募金告知活動を展開することができる。

 アプリケーションはGoogle Playで同日よりダウンロード可能。iOS向けは2014年夏ごろから提供開始する予定。現在、日本育英会など37団体が参加している。

ソフトバンクM、スマホアプリから寄付できる「かざして募金」提供開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)